ダイエットを気楽に生活に取り入れる

ダイエットを成功させるためにはダイエットを日常化、パターン化してしまうのが、もしかすると一番良いかもしれません。…というのも頑張ってダイエットを成功させようとすると失敗する可能性の方が高いものです。ダイエットって実は頑張るものではないのかもしれません。ダイエットを成功させるために一番大切な要因は「気楽さ」かもしれません…。

 

では頑張らないダイエット、気軽に日常生活の中で取り入れられるダイエットとは一体どんな方法なのでしょうか。ダイエットをする時に絶対に外せない事は①食事制限をすること②運動をすること、です。この二つはダイエットに絶対に切っても切れないものです。この二つを上手に組み合わせる事が、ダイエットの成功の有無が決めます。

 

  1. 食事制限

ダイエットの際の食事制限の際に大切な事は簡単にいうと、入ってきたものと出ていくものの比例です。入ってくるカロリーが出ていくカロリーよりも大きい場合は太ります。出ていくカロリーが入ってくるカロリーよりも大きいと痩せます。つまり入ってくるカロリーを制限して、運動をたくさんして出ていくカロリーを多くすると絶対に痩せるという事です。ここで運動する事が大切になってくる、という説明に繋がります。

 

  1. 運動

運動の仕方にも工夫が必要です。ダイエット目的の運動の場合、消費カロリーが大きくなる運動方法を実践することにしましょう。具体的には有酸素運動です。ゆったりと長時間動く運動の方がダイエットには効果的です。代表的なのがエアロビクスや水泳、ウォーキングといったところですが、ヨガやピラティスなどもとても有効な運動でしょう。こちらのふたつは体のラインもカロリー消費と同時にしてくれるので綺麗にダイエットしたい方にはとても良い運動です。

 

ダイエットをしている時にちょっと助けてくれるのがサプリメントです。ダイエットサプリhttp://diet-programme1.com はダイエットをする時にとても有効の成分がたくさん入っています。自分一人で上手にダイエットできる自信がない方にこそ、ぜひ試してもらいたいサプリメントです。

 

無理なダイエットは身体を壊す

無理なダイエットは本当に体を壊します。

ダイエットをする際は体に無理をかけるわけですから、体に負担をかける分、どこかに何かしらの弊害が出てしまう事はある意味、自然な当たり前の事なのかもしれません。ダイエットを成功させようと思うのなら、まずはどのようにしてそのダイエットを行うか、緻密に計画を立てる必要があるでしょう。

 

無理の無いダイエットとは体に負担をかけ過ぎないようにすることです。つまり無理をしないダイエット、という事になります。極端に食事を減らしたり、運動をすることはやはり体にとって良くありません。ダイエットの効果を狙って…というのも分かりますが、徐々に体を慣らしていくようにしましょう。

 

こんなデータがあります。

ダイエットのために、とカロリーの比較的高い乳製品を取らないようにした結果、体重は減ったけれど骨がスカスカになってしまった…。このような事は実際にあったことです。時間をかけてゆっくりとダイエットをすることはよかったのですが、でも長期間乳製品を取らなかったことでカルシウム不足になってしまったという事ですね。考えてみればカルシウムを手早く取るには牛乳や魚を取る事です。でもそのどちらもエネルギーとして考えた時は野菜などに比べると高カロリーです。でもいくらダイエット中だから、といっても体に必要な栄養素まで取らないというのは危険な事。無理なダイエットや現実的でないダイエットを続けた結果、健康まで損なわれてしまうようでは困ります。そうならないためにも無理の無いダイエットとは何か、と考える必要があるでしょう。

 

もし短時間でどうしても体重を落としてしまいたい、とお思いならせめてサプリメントを取って下さい。食事で本来取るべき栄養素を取らないままでいるよりは、サプリメントなどで補った方が良い場合もあります。カルシウムやビタミンCやミネラルなどの栄養素は日常的に意識しなければ取れないものです。

ダイエットの時こそ栄養素を過不足なくしっかりと取るように心がけたいものです。

ダイエットに運動は必要か?

ダイエットをお考えでしたら運動と食事療法と両方一緒にすることが大切です。このどちらか一つでもダイエットにはなりますが、でもリバウンドを考えた時にやはり両方共やっている方のほうが、リバウンド率が低いように感じます。ダイエットをがんばって体重が減ったとしても、その後にまたリバウンドしてしまったらせっかくの努力が水の泡です。

 

「ダイエットに運動は必要か?」

その答えは「YES」です!

 

メタボリックシンドロームと診断されている人ではない限り、ダイエットは急を要するものではないはずです。でも健康意識の強い方や美意識が高い方はやはりダイエットは常に意識の中にあるでしょう。ダイエットってなにも体重を減らすだけの事ではありません。人間として健康的な生活を送るのには不摂生はやはり良くない。不摂生を避ける時にダイエットのことも考える方が多いのです。

例えば夜遅くにたくさん食事をとらない事、などは健康のために必要な事ですが、でもダイエットを考えた時にとても有効です。このように健康的な生活とダイエットは見えないようで密接に結びついているものです。

そのうえでダイエットをする時は食事療法と運動が大切なのです!

 

ダイエット目的に運動するときは消費カロリーの高い有酸素運動をするようにしましょう。エアロビクス等が良いでしょう。また水泳もダイエットの際にはとてもいい運動方法です。体にかける負担は少ないけれど、でもしっかりとカロリーは消費してくれます。エアロビクスも水泳も、どちらも運動前と後にストレッチをするようにしてください。このちょっとした工夫で、運動後に疲れにくくなったり、怪我の予防にもなりますので!

 

ダイエット目的の運動の場合やり過ぎないようにしましょう。毎日続けることが、もしくは定期的に続ける事がとても大切になってきます。無理をしてしまって怪我をしたり、続けることが面倒くさくなってしまうとなかなか長続きしません。そうなるとダイエットの効果に期待できませんので。大切な事は無理をしないことです。

ダイエットに効果的な食品

「ダイエットをしているけれど、その効果を実感できない。何か新しいダイエット方法を探している。」

「効果的で直ぐにダイエット効果が期待できる方法ってどんなダイエットかな?」

 

などなど、新しいダイエット方法をお探しの方、お勧めの方法があります。

チアシードはもう試されましたか。チアシードはアサイーなどに代表されるスーパーフードと分類分けされるうちの一つです。テレビやCM、店頭でも最近はよく見かけるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

店頭で売られているチアシードは小さな小粒の種です。これを水に30分も付けたままにするとどんどんと膨らんでいって、30倍ほどの大きさに膨れます。味の無いこのチアシードですが食感はとても面白く、タピオカのような感じです。こちらをそのまま食べて・・・というのも良いのでしょうが、味が無いと食べにくいのでヨーグルトやココナッツミルクに混ぜたりして食べます。ちょっと健康志向の強い方ならグリーンスムージの中に入れて食べるそうです。こちらもなかなかおいしそうな感じです。ちょうどデザートのような感じになるのでしょう。

 

ダイエット効果としてのチアシードはとても優秀で、食物繊維が多い事で腸内環境を整えることが出来ますし、体の中では作られることのない必須アミノ酸を含んでいる事なども嬉しいですね。何よりも少しの量でおなかが満たされる、という点はダイエットにちょうどいいのではないでしょうか。お腹が満たされて、栄養素も素晴らしいとなると、スーパーフードといわれるのも分かりますよね。

 

チアシードは今や簡単にドラッグストアで購入可能です。値段も1000円前後ですからとても手軽に購入できます。チアシードを試してみたい方は是非購入なさって下さい。またチアシードを手に入れたけれど…、毎日同じ食べ方だと飽きてしまう。飽きると長続きしない…とお悩みの方は是非下のリンクを見てみてください。チアシードのお勧めの食べ方が載っているサイトをお知らせしますね。こちらを是非チェックです!!↓

http://xn--cckem2d2bdt4be32c3871ajn8b.com/howtoeat.html

置き換えダイエットで痩せる

「置き換えダイエット」とは・・・!?

いつも食べている食材をダイエット目的のために違う商品に変えることです。

 

タンパク質と脂肪と炭水化物。

この3つの要素は人が健康的な毎日を送るために欠かせないものです。この3つのうち、どれが一番エネルギーを含んでいるか(1g中のカロリーが高いか)ご存知ですか?答えは脂肪です。脂肪は1gあたり9キロカロリーです。他の二つ、タンパク質と炭水化物は1gあたり4キロカロリーです。脂肪って炭水化物やタンパク質に比べると効率よくカロリーを溜められるのですね。だから体が余分なカロリーを体内に蓄える時に脂肪に形を変えて体を守っているのですね。脂肪はダイエットの敵とはいわれますが、これが無いとやはり健康的には生きられない、というものです。

 

ちなみに脂肪一グラムを燃焼させるのに何カロリー必要か…、7キロカロリーです。

この計算式を使うと、体の中にあると思われる脂肪を何キロカロリーの運動で消費できるか考える事、計算することが出来ますね。

さて、ここで話は戻って置き換えダイエットです。

炭水化物も脂肪程ではありませんが、やはりエネルギーを蓄えているもの。だからそれを燃焼させるには・・・運動が良いのですが、そもそも体に余分な炭水化物を入れなければ余分に燃焼する必要もありませんね。日本人が取る炭水化物の代表がお米でしょう。これを例えばコンニャク米に変えると・・・、炭水化物の取り過ぎを防げるかもしれません。コンニャク米はこんにゃくから出来ています。食感も弾力があって食べごたえがあるうえに変な味もしないのでダイエット中の方に人気なのだそうです。お米の代わりにコンニャク米だけ食べる…というのも最初は物足りないで渉から、いつもの半分のお米の代わりにコンニャク米を使うのが良いようです。

 

このようにたくさん毎日食べるものだからこそ、置き換えダイエットの効果を実感できます。

米の代わりのコンニャク米以外にも、肉の代わりに高野豆腐を活用したり豆から作った「お肉」を利用してみたり…調べれば結構色々な方法がありますよ!是非調べてみてください!

 

食べないで痩せる方法

食べないで痩せる方法とは、つまり食事を減らすという事です。食事を減らすと当然、おなかは空きますから、だから食べないでも空腹を我慢できる方法を考えなければいけませんね。

その一つに消化しにくい食品を選ぶのも良いでしょう。つまり消化しにくい食品とは消化に時間のかかる食品、という事です。加工されていないものは基本的に消化しにくいもの。消化に時間がかかると直ぐにおなかが減る、という事を避けることが出来ますので、余計な間食をしないで済みます。

 

調理されているものは基本的に消化しやすいと思っても構わないでしょう。パスタやパンはご飯に比べて消化しやすい食品です。消化しやすいという事は消化に時間がかからないという事なので、すぐにおなかがすくものなのです。お腹がすくと間食したくなりますよね。ご飯はパンなどの食品に比べて消化に時間がかかると言われますが、ご飯よりもさらに消化に時間がかかると言われるのが玄米です。玄米は腹持ちが良いと言われます。これは米の表についている皮の部分(ヌカとも呼ばれます)を精米しないでそのままにしてあるので、消化に時間がかかるのですよね。でもこのヌカの部分にこそ栄養素が豊富にあるのです。だからダイエットをする際には積極的に取りたい食品です。

また麦などの雑穀類も消化に時間がかかる食品で、しかもミネラルやビタミンを多く含んでいます。ダイエットをしていなくても積極的に取りたい食品です。

 

食べないで痩せる、という事はとても大変なことです。人間の体は食べて生きるように作られていますから、それと反対のことをするのはとても大変な事。だから食べないで痩せるのではなく、間食を「食べないで痩せる」方法でダイエットをするようにしましょう。間食を食べないようにするためには腹持ちの良い食品を食べる事です。それには。。。加工しすぎていないもの、料理しすぎていないものを選び、素材そのものの味を楽しめる食品を食べるようにしましょう!